ニオイ見える化チェッカー、クンクンボディとは?

Kunkun body(クンクン ボディ)とは?

世界初*ニオイ見える化チェッカー。
*出典:「Kunkun body」が「世界初」であることの証明・検証調査(2018年1月12日現在)
<ESP総研 調べ>(2017年12月~2018年1月 調査)

ニオイの見える化を実現した、独自の検出技術。

定量化するための単位がなく、疲労性や個人差、あるいは感性に響くといった特性から、今まで測ることが難しかったニオイ。
こうした特徴を持つニオイを検知し、強度を測定して定量化するという技術を実現したのが、Kunkun body

※ ニオイの特性とは・・・?

疲労性(順応性)
同じニオイをしばらく嗅いでいると、そのニオイを感じなくなってしまうことがある。例えば、自分のニオイには鼻が慣れてしまい、よくわからなくなる。

個人差大(好き嫌い)
ニオイの好みは人によって差が大きいもの。
10人中10人が好きなニオイは無いに等しいと言われている。
バラの香りが嫌いな人もいれば、靴下の臭いが好きな人もいる。

感性に響く
嗅覚は他の感覚(視覚、聴覚、触覚、味覚)と違って、直接本能に作用する。
あるニオイを一度嫌だと感じると、そのニオイを理屈抜きに嫌いになってしまったりする。また、ニオイによって過去の出来事を思い出したりもする。

「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の3大体臭を測定

成分を検知し強度を測定したニオイを、独自のシステムによって定量化。
今まで測ることができなかった「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の種類と強さを測定することができる。

※ 3大体臭とは・・・?

汗臭
飲みすぎや疲労の蓄積で体内のアンモニアが解毒されず汗で放出されたり、放置した汗が菌に分解されたりすることで発生

ミドル脂臭
エクリン腺から出る汗に含まれる乳酸が、皮膚上の菌によって分解されることで生じるジアセチル。それに、皮脂腺から出る中鎖脂肪酸のニオイが合わさることで発生

加齢臭
皮膚の潤いを保つための皮脂を分泌する皮脂腺
年齢を重ねると、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と過酸化脂質が増え、分解・酸化することで発生

ニオイ測定結果は、専用アプリに表示。

総合的なニオイ測定値が表示されます。100に近い値ほど、ニオってます
また、汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の強さを、同世代の平均値とともに10段階で表示します。

必要なものは?

コンパクトなニオイチェッカーと、スマホアプリのみ。
ニオイチェッカーは、いつでも携帯できるコンパクトサイズ。バッグやポケットに入れて持ち歩けるため、いつでもどこでもニオイチェックができる

クンクンボディを携帯、いつでもニオイチェック。

「いま、汗臭いかもしれない」「相手に不快な思いをさせないだろうか」
そんな風に自分のニオイが気になったら、いつでもどこでも、ニオイをチェックできる

コンパクトなニオイチェッカーなら、こんな時に便利!

  • 夕方5時の気になる時間に
  • スポーツで汗を流した後に
  • 大事な会議の前に
  • 大切な人とのデートの前に
  • 油断できない女子会の前に

製品の仕様

公式サイトはこちら↓↓

Kunkun body公式オンラインストア

トップへ戻る